ユメノユメノサキヲユク

グラスゴー建築留学とその先
Glasgow, Paris, Tokyo, London
<< trīsstūris | main | ロンドン夜散歩 >>
HAR

 

初期設計から実施設計、現場管理まで携わったプロジェクトが概ね竣工!

ヴィクトリア時代のテラスハウスの地上階部分の改修と増築。

2層の建物の地上階と上階の持ち主が違うので、解体時に上階にひびが入った際には工事がしばらくとまってしまったけれども、それ以外は大きな問題もなく、無事にこの時を迎えることができてほっとした。

 

 

上の写真の部屋の壁に使われているレンガはどこかで解体された建物のレンガを再利用したもの。レンガの再利用はロンドンでは普通に行われているので、そんなところがいいなと思う。できたものと対面した時初めましてという気持ちにならない感じが、とてもいい。

 

 

廊下の壁の色は濃いグレーで(今ロンドンでは流行っているようだ)、そんなチョイスにアドバイスを求められてもなんのコメントもできなかった。3Dでレンダリングしたり、サンプルを見たり、どんな風になるんだろうとクライアントと一緒に考えて、密かにできあがりを楽しみにしていた廊下は、真鍮が効いたユニークな空間になった。

 

 

こちらはロンドン的雪見窓のあるお風呂。中庭に置かれた植栽はクライアントの出身のエリアで育つ特別なシダ。ガラスにはフィルムが貼られていて、スイッチを入れると曇りガラスになる。中庭は三方に窓があり、違う角度と違う高さから楽しめる。シダが大きくなったらまた雰囲気が変わるんだろうな。

 

 

近くにある公園を中心とした保存地区内にあるこの敷地は外装の素材や新しく作る建物の高さや大きさに細かい制限がある。最大限のボリュームをとったシンプルな形だけれど、クライアントのこだわりが詰まったガーデンスタジオは夏の空と元気な緑とよくなじんで、私はとても気に入っている。

 

ロンドン3年目が始まる夏に、一仕事done!!

 

 

 

 

Work 06:48 comments(0)
スポンサーサイト
- 06:48 -
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Glasgow
スコットランド最大の都市。 ロンドンから飛行機で1時間半くらい。 私の通う The Glasgow School of ArtはCity center に位置しています。 学校の建物の設計はここの卒業生、Charles Rennie Mackintoshによるものです。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS