ユメノユメノサキヲユク

グラスゴー建築留学とその先
Glasgow, Paris, Tokyo, London
<< ロンドン夜散歩 | main |
Shape of Light@ TATE Modern

 

予想外によく晴れた日曜日、テートまで散歩した。

行きたかった写真の展示は面白かった。

Shape of Light

写真という反射した光を記録する仕組みを、抽象的な表現に使ったり、普段見慣れているものをはっとするように見せたりして、同じ原理でこんなに違う捉え方ができることが展示を通して見ることができてちょっとタイムトラベルもできた感じ。

小さな雲の写真が並んでいる展示があって、タイトルはEquivalents

1927-31の間にAlfred Stieglitzに撮られた空の写真。

その写真たちは雲の形を撮ったのではなく、自分のその時の自分の感情と同等として撮ったのだそう。

雲なんてランダムに撮っているように見えるかもしれないけれど、Alfredは言う、

 

自分が何を撮ったのかちゃんとわかっている。

今までに一度もやったことがないことだと、自分でわかってやっているんだ。

それにね、今ではたくさんあるファッショナブルないわゆる抽象と言われている死んだ表現よりも、数少ない中に本当の抽象をより多く含む表現があることを自分はわかっているんだ。 

 

私も今自分が何をしているのかしっかりはっきりわかっている人間でありたい、と彼の雲の写真を見て思った、とある秋の日曜日。

 

Exhibition 06:40 comments(0)
スポンサーサイト
- 06:40 -
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Glasgow
スコットランド最大の都市。 ロンドンから飛行機で1時間半くらい。 私の通う The Glasgow School of ArtはCity center に位置しています。 学校の建物の設計はここの卒業生、Charles Rennie Mackintoshによるものです。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS